歯磨きの方法を改善して綺麗な歯を実現する

インプラントとは一体

インプラントをするには

歯科クリニックで最近普及しているのがインプラントです。インプラントとはもともと体内に埋め込む医療用の器具のことを言います。その中でも歯に使うものを歯科用インプラントといいます。チタン製のネジ状のインプラントを外科手術で顎の骨に埋め込み、そしてその上からセラミックなどの人工の歯をかぶせることで自然の歯と変わらない出来栄えになります。インプラントは歯茎に一度取り付けてしまえば、半永久的に自分の歯として違和感なく使用できます。 インプラント治療を行っている歯科クリニックに行けばインプラントができます。しかし、誰でもできるわけではなく、骨の量が少なかったり、手術に耐えられるだけの体力がないと判断された場合は治療ができないこともあります。

需要があるインプラント

インプラントは何らかの事情で歯がなくなってしまった場合に利用できます。インプラントなら入れ歯や差し歯、ブリッジなどとは違って、自分の歯のように一生使えます。入れ歯の手入れが面倒な人、固い食べ物をしっかり噛んで食べたい人などにとっては画期的な治療法です。 また、インプラントは矯正治療にも使用されています。矯正治療には矯正用のインプラントを使用します。矯正用のインプラントを顎の骨に埋め込み、そこから歯を可動して正しい位置に戻して行く矯正法です。 従来の矯正法だと1年以上の期間がかかるのが普通ですが、インプラント矯正は半年〜一年くらいで終わります。歯科クリニックに通院する回数も少なく済み、大人に需要が高い矯正治療です。

Copyright (c) 2015 歯磨きの方法を改善して綺麗な歯を実現する all reserved.